マンション管理会社を変更する┃清掃や修理を行き届かせる

メンズ

ローリスクの不動産投資法

部屋

賃貸併用住宅は建物全体の延べ床面積に対するオーナーの居住スペースの割合次第で住宅ローンの対象となる上に、オーナー自ら物件の管理を行なう際の負担も少ないことから、比較的ローリスクな不動産投資の手法といえます。一方で、築年数が増せば収益力が落ちるので、予めそれを念頭に置いた資金計画を立てることが大切です。

読んでみよう

マンションの売り方

室内

不動産投資としてワンルームマンションを保有するならば、その売却に関しての知識を得ておく必要があります。年間でいつならば高値で売れるのか、また築年数はどの位がベストなのかをしっかりと計算した上で決めることが大事です。

読んでみよう

賃貸経営で重要なのは管理

建物

同じエリアにある管理会社

初心者でも立地条件の良い物件を確保すれば、マンション経営は安定した収入が得られます。しかしマンション経営で難しいのは管理です。住民同士のトラブルが起こった時や、家賃の滞納者が出た場合の対応は大変です。そのような時のためにマンション管理会社に管理を委託するのが一般的です。注意する必要があるのはマンション管理会社の選び方です。国土交通省に登録されているのは2400社もあるので、その中から選ぶことになります。基本的な選び方としてはマンションの建っているエリアに本社か支社のあるマンション管理会社を選びます。なぜ同じエリアがいいかというと、管理会社からすればまとめて管理ができるので効率がいいからです。その分管理費も安くなります。

入居者募集をする管理会社

マンションの管理で最も大変なのは空室が出た時です。急いで次の入居者を確保しないと、家賃収入が減ってしまいます。オーナーが自ら入居者の募集をかけるのはかなり難しいことです。インターネットなどを利用すれば広く募集をかけられますが、今度は募集を見て連絡してくる人の対応をしなければならないのです。そのような場合を想定して、あらかじめマンション管理会社の選び方を工夫します。管理会社の中には入居者募集までやってくれる所があるので、そのような管理会社に委託するのです。そうすればオーナーが煩わされることがなくなります。また大手の管理会社だと空室保証をしてくれる所もありますので、そのような所と契約を結ぶという方法もあります。

不動産経営のパートナー

電卓

賃貸物件の経営において、マンション管理会社を利用するメリットとその人気の理由を紹介します。また、マンション管理会社の具体的な業務内容や任せられる分野についても知っておくと良いでしょう。

読んでみよう