マンション管理会社を変更する┃清掃や修理を行き届かせる

レディー

ローリスクの不動産投資法

部屋

収益力が落ちた時の対策

賃貸併用住宅は不動産投資の手法の中でもリスクの少ない方法の一つです。しかし、賃貸併用住宅を建てる際に、予め想定をしておかないと将来的に大きなリスクを背負うことになりかねない懸念点があります。それが、自らの住居としては十分に利用できる段階であるにもかかわらず、収益力を失う、即ち借り手がつかなくなるタイミングがやがて訪れるという点です。日本では不動産物件は新築を筆頭に築年数が浅いほど需要が高いという傾向があります。そのため、年月が経つに従って収益力は徐々に落ち、やがて無くなってしまうというのが一般的な不動産物件の傾向となるのです。従って、例えば35年の住宅ローンを組んで、毎月の返済額の内の一定額を賃料収入から充てる前提の場合、完済前に賃料で賄いたいだけの額を毎月の賃料収入で稼ぐことができなくなるというリスクがあるのです。従って、賃貸併用住宅を購入するための資金計画を立てる際は、賃料収入を何年間でいくら稼ぐことを目指すのかであったり、何年後に賃貸併用住宅を再度賃貸併用住宅として、或いは賃貸物件は設けずに純粋な自宅住居として建て直すのかといったプランを作成しておくことが重要なのです。

コストを削減しやすい手法

賃貸併用住宅の大きなメリットの一つが、建物全体の延べ床面積の内の各金融機関がそれぞれに指定する一定割合を超える部分を自宅住居として利用すれば、金融機関が不動産投資用に設定しているアパートローンよりも一般的に審査基準が甘く、金利も少ないなどの多くの優位性を有する住宅ローンを組むことができる点にあります。住宅ローンは金利の負担が軽くなる訳ですから、ローンを組んで不動産投資を行なう場合の損益分岐点を引き下げるという効果が生じます。また、賃貸併用住宅は自宅敷地内に賃貸物件がある訳ですから、オーナーが自ら管理をする場合に自宅以外の敷地で不動産投資を行ないその物件の管理を自ら行なう場合と比べて管理にかかる手間を大きく軽減できるというメリットもあるのです。このように、賃貸併用住宅は他の不動産投資の手法と比べて特にコスト面での優位性が高いため、リスクの低い不動産投資法となるのです。